「情報場」とは?~周波数が奏でる世界~

今日は、「情報場」(じょうほうば)についてお話しします。

実は、「情報場」という言葉は、
今後みなさんに提供していく学びの体系である「基学」(きがく)において、
とても大切になる考え方です。

ただ、「情報場」という言葉は、私たち「基学」の造語です。

 

「基学」では、物も空間もすべて、
周波数という「情報」で成り立っているという見方をします。
私たち自身も、情報の一つです。

私たちの身体の臓器も情報ですし、細胞の一つひとつも情報と言えます。

 

それらの情報には、それぞれ固有の周波数があります。

そして、その情報の集まりを「情報場」と呼びます。

もちろん、空間も情報場です。

 

よく「場」がよい、わるいと言いますよね。

その場合には、その場の周波数が整っている、
乱れているということを感じています。

 

物にも固有の周波数があります。

物質的な周波数もあれば、それを創った人の想い、
そしてそれを使っている人の扱い方などが情報として、
物にのっかっていることもあります。

 

私たちは、そんな情報=周波数に囲まれた世界に生きています。

 

もう少し私たち自身の例でお話ししてみます。

私たちの身体は、固体のように見えて、
微粒子レベルでみると、まるで穴だらけでスカスカだそうです。

 

では、どうして、固体のように物質化して見えるかというと、
微粒子レベルで常に活発に振動しているので一定の形に見える・・・ということのようです。

 

つまり、私たち自身が絶えず振動を繰り返している
周波数(振動)そのものということになります。

当然ですが、その人の心や感情、行動などの在り方も周波数に現れます。

その人の考える価値観やもっと深い本質が、周波数として現れます。

 

このように、私たちの実際に住んでいる世界というのは、
目に見えないけれど、周波数が奏でる世界だということを認識して、
意識して生活をしてみてくださいね。

 

共同で「基学」を準備している「かまたたろう」さんが、
このテーマについてラジオでお話しされています。

 

------------------------------------

♪おとのは、ことのはラジオ#59 

「情報場を整えたい!」

情報場を整える習慣と本質を生きる視点を提供するラジオです。

⭐️ メルマガ「基学ライフ♪」へのご登録はこちら
   https://76auto.biz/kigaku/registp/ent…

♪基学マインド#25

「情報場を整えるには?」

情報場を整える習慣と本質を生きる視点を提供するラジオです。

⭐️ メルマガ「基学ライフ♪」へのご登録はこちら
   https://76auto.biz/kigaku/registp/ent…

-------------------------------------

 

ラジオでは、みんなが日常的にできることを3つご紹介されていました。

1.自分の内面、心と感情をよく見つめる

2.物の整理整頓、空間を整った状態に保つ

3.人間関係を点検し、長期的に見直していく

 

セレニティでは、今後、併設サロンとして、
一定期間継続して御受けいただく方のための「心と体の調律と周波数療法」を準備しています。

 

「基学」の考え方、大きな視点から自分自身を見つめなおしたい方は、
「基学」のメルマガ(「基学ライフ♪」)もご登録ください(最初の7日間は「基学入門メール」が届きます)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です