『二極化』とは?~周波数の時代の到来~

今日は、「二極化」についてお話します。


みなさんは、

人生の岐路(分かれ道)を

どんな時に感じますか?


今、時代も、社会もすべて大きな分かれ道にあります?


こちらも併設サロンとして、
「基学」(きがく)という学びの体系に沿った
「心と体の調律と周波数療法」を提供していくのは、
単なるボディケアやメンタルケアが目的ではありません。


すでに、そのような目的のサロンやサービスはこの世界にあふれています。

それでは、どのような目的で「心と体の調律と周波数療法」を提供していくのか?


一つは、「情報場」という見えないエネルギーフィールドや
集合意識の層を整えることを重要な柱としていますが、


でも、それさえも最終的なゴールではありません。


「周波数の時代(本質の時代)」の到来が間近になってきています。


今までの私たちの世界では、本当の情報はひたすら隠されてきました。


もちろん、巧妙に隠したほうも問題ではありますが、
多くの時代、多くの人々が、「本質」よりも生きることやカルマの解消に精一杯で、
「周波数の時代」の準備が整うことはありませんでした。


今、ようやく一定数の方の準備が整い始めたこと、
そして、何よりも、この私たちの住む世界の「全体」と呼ぶべきものが、
文字通り、生まれ変わる、脱皮の時を迎えているという壮大な事情があります。


そのような時期だからこそ、
私たちは、「基学」(きがく)という本質をテーマにした
学びの体系とそれにもとづく「心と体の調律と周波数療法」を
提供していくことに決めました。


まだ、その必要性をしっかりと意識してくださっている人は
ほんのわずかかもしれません。


しかし、これからの時代は、
「周波数」(=本質)から物事を見るのは当然の前提となっていきます。


むしろ、必須の時代になっていくでしょう。


しかし、常に、私たちは選択権を与えられています。


なぜなら、「周波数」(=本質)を生きることは、
ある意味の「覚悟」が必要だからです。


自分の感情を見つめ、ごまかしのない自分を受け止められるか?


自分の自意識(自我=エゴ)だけを大切に扱うことが目的の人生ではなく、
周囲、社会、そして「全体」と呼ぶべきものの
調和を人生の目的に設定できるかどうか・・・

そんなことが当たり前の「常識」になっていく世界です。


一人ひとりが、最終的にそんな方向にいくのか、
それとも、今までどおりのこの世界で、これまでの制約の中で、
修行を引き続き繰り返していくのか・・・その選択の時間が終了する時になります。


今日の内容は、メルマガ「基学ライフ♪」の内容を再編集したものとなります。


この併設サロンでも、メソッドとして重要な柱としていく
「基学」に興味がある方は、メルマガにご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です